男性はもちろん女性も薄毛に悩まされる

"育毛対策をすることはもちろん大切なことですが、その前に貴方がやるべきことはあります。
食生活や睡眠時間などの生活習慣を改善することと清潔に髪の毛を保つことが大切なのです。確かに薄毛というものが男性に多いのは事実です。
しかし最近におきましては女性の薄毛が急激に増加しており、多くの女性の悩みとなっているのです。

 

薄毛は男女問わずに、全ての人が気にするものですが、男性の場合におきましては、年齢を重ねる毎にそれほど気にすることはなくなりますが、女性というのは違います。
女性はいつまでも美しい髪を保ちたいと考えるものですから、女性の薄毛は男性より深刻と言えます。

 

薄毛というものをイメージしますと男性を思い浮かべることでしょう。それではどうして男性ばかりなのでしょうか。
「薄毛は男性だけの悩み」という考え方は大きな間違いなのです。最近では女性にも薄毛があるのです。
まだまだ育毛についての情報を当サイトではご紹介しています。
一つ一つお見逃しの無いようにしっかりとチェックしておきましょう。"

神戸 賃貸について
http://www.houseplanning.net/



男性はもちろん女性も薄毛に悩まされるブログ:23 8 2019

下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単減量を
日々の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリした腹になってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋運動が効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れた運動を行うと良いでしょう。

また腹筋運動と食事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単減量ができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落として減量するためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
腹全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特に腹周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹減量法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを日々3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでも減量効果が抜群ですよ!

・・・と、書いてみるテスト