バランスの良い食事をしよう

"最近では若はげと呼ばれている若い世代の薄毛が非常に目立ちます。
これは、欧米の食文化が日本に浸透してきたのも原因であり、やはり栄養バランスのとれた和食に戻す必要があります。バランスが整った食生活の基準として平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が共同で報告している「食事バランスガイド」というものを確認することで知ることが出来ます。

 

栄養バランスを整えるための主食や副菜、または主菜の他、牛乳や乳製品と果物の分類に分けられており、それぞれ1日にどのくらいの量を摂取したら良いのかを食事ガイドラインを参考にしましょう。

 

主食の場合におきましては、ご飯なら4杯程度、副菜の場合なら野菜料理5皿程度などと、簡単な目安を確認して毎日の食事に気を配るようにしてください。"

高円寺 賃貸おすすめ
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



バランスの良い食事をしようブログ:13 2 2019

ダイエットをして、
体重を落とすことはできても、
ももの脂肪はしぶとく、
細くするのは難しいと言われています。

それは、体重や体脂肪を落とすダイエットと
根本的に痩せる方法が違うからなのです。

ももは、
体質の中でも太く大きい筋肉を持っているため、
その筋肉を鍛えることで、
それだけ脂肪を燃焼させることができます。

また、
筋肉をつけることで基礎代謝もアップしますので、
脂肪がつきにくく、あしを細くすることができます。

下半身にむくみがあると
いくらにダイエット励んでも
下半身やももは細くなりません。

むくみがあると
あしの付け根にあるリンパ節に老廃物が溜まり、
リンパの流れが滞るので、老廃物等が蓄積します。

それが続くと
あしの付け根にセルライトができて、
下半身が太くなってしまう原因に…

むくみ解消には
お風呂でのマッサージや
あしを少し高くして寝るのが効果的です。

過度な筋肉はかえって太く見えてしまいますが、
脂肪を燃焼するためには、筋肉の働きも欠かせません。

普段なかなか、使わないももの内側の筋肉。
この部位を鍛えてあげることがポイントです。
ももの内側にある内転筋を鍛えるには
「あしを閉じる力」を強化しましょう!

筋肉のつき方として、ももの前面についてしまうと、
横に広がって太く見えてしまいますが、
ももの裏側に筋肉をつけていると横に広がらず、
筋肉をつけていてもももは太く見えません。

歩くときに意識を集中して、
こむらや尻の筋肉を使って
地面を蹴るように歩くといいですよ。
15分〜20分以上のウォーキングは
有酸素トレーニングにもなり効果的です。

筋肉を付けることで、リンパ腺の流れをよくし、
セルライトも減らすことができますよ。